ゆっくり 淹れた お茶 EPUB (Slow Brewing Tea-Japanese)

ゆっくり 淹れた お茶 EPUB (Slow Brewing Tea-Japanese)

$8.99Price

織田信長の息子、織田信正は歴史の本には載っていません。ですが、彼の死後何世紀もの時を経て、彼のレガシーは北日本の田舎の地で、10日間のバイクの旅に出かけたアメリカ空軍兵のイザヤによって発見されます。当時二十歳の彼の冒険の目的は、静かで謎に包まれた文化を写真に収めること、日本人女性と出会うこと、そして「道」を見つけることでした。彼は冒険の中で美しい写真を撮り、素晴らしい日本人女性と恋に落ち、彼に「道」と、真実と、狭い門を教えてくれるという老人に出会います。イザヤはそれからの40年間、痛みと贖い、敗北と勝利を繰り返しながら、ゆっくりと織田信正の茶室の教えのお茶になるために奮闘します。青森県の山奥にある温泉で、織田家はある秘密を抱え、それを明かすべき歴史的瞬間を待っていました。そして今、その秘密は明かされ、日本が大きく変わろうとしています!ゆっくり淹れたお茶」は、素晴らしい 霊的な冒険と心温まる愛の物語です。あなたはこの本を読んだ後、神との関係と、大切な人との関係と、あなたの足元にある道を深く見つめ直すことになるでしょう。作者のことば この小説は、今まであなたが見たことのない場所で、深い谷と頂きを旅する冒険の物語です。また、長く続く愛に浸された、あなたがこれまで味わったことのない程、豊かな味わいのお茶です。   冒険とは、とても時間のかかるもので、必ず私たちを変えるでしょう。そして、冒険が終わり、物理的に家に帰って来た時、私たちは新たな自分となっています。もし、あなたがイザヤと旅を共にすることに決めたなら、あなたは彼の冒険、彼の考え、苛立ち、敗北、そして勝利を、彼と共に経験することになるでしょう。   あなたはお茶が完全に出来る前に、冒険を止めることを選ぶかもしれません。ですが、もしそうすれば、あなたはずっと疑問に思うでしょう。なぜ、ある人と1000マイルの旅を共にする前に彼を批判することは、どこか味が薄く、未完成なお茶のように感じてしまうのか……。そして、なぜ、その旅を終えた人々は、恵みあふれる栄光を語るのかと……。 私は、もしあなたがこの冒険に興味があり、始めてみようと決めたなら、誠意を込めて努力することをお勧めします。  あなたの1000マイルの旅の終わりが、一杯のゆっくり淹れたお茶の完成と、山頂にたどり着いた未知の喜びで満ち溢れますように。ランディー・ルービエ「こんなに素敵な小説を読んだのは久しぶりです。物語は素晴らしく、登場人物たちはリアルに描かれていて、ラブストーリーもとても美しいです。 何より、私はこの本を読んでから希望が持てました! —J アマゾン「WOW!なんて言葉では足りません。この本を読んだ方は皆、最初から最後まで心を動かされ続けるでしょう。今まで読んだ中で、最も素晴らしい小説です。私も様々な形で心を動かされ、考えを試されました。」—PLS アマゾン「とても美しく、感動の物語です。この本はフィクションですが、まるでイザヤという実在する人物の実際の経験を読んでいるような気分でした。イザヤはまさに、信仰を追い求める私たちそのものです。」—C.N.ブックバブ「もし誰かに、『今年一番のオススメの本は?』と聞かれたら、私はこの本だと答えます。移り変わる物語の展開に目を離すことが出来ませんでした。そして、この本を読み終わった後、希望に満ち溢れました。暗い世の中になってしまいましたが、この本はそれを忘れさせてくれます。」—Lアマゾン、インド「とても美しい物語で、本当の意味での『平和』を描いています。リアリズムを追及し、主人公は激しい嵐の中と、穏やかな静けさの中を進みます。この本から学べることはたくさんあり、所々スローに感じるところはありますが、十分に時間をかけて読む価値のある作品です。これは楽しい冒険の本ではなく、霊的な旅の物語であり、内なる強さと、心の平和と、信条の物語です。非常に啓発的な読み物です。」—C.N.ブックバブ「この小説を言葉で説明するのは難しいです。ラブストーリーですが、それ以上のものがそこにはあり、今まで読んだことのある恋愛物語とは全く違いました。知的な意味で、とても奥深く、同時に私の心を捉えて離さない魅力もあり、一度読み始めると、置くことは出来ませんでした。主人公が物語を通して成長していく様子もこの本の魅力です。読みを終えた後、とても満足感を感じました。ですが、もっと知りたいとも思いました。この本は、私たちも日本へ行って、彼らと茶室で勉強したいという気持ちにさせてくれます。」—G.B.アマゾン、インド「私はこの旅を経験することを全力でお勧めします! 作中に出てくる日本人家族の無償の愛と、あなたのために用意された知恵に魅了さること間違いなしです。どのシーンもとてもリアルに描かれていて、まるで自分自身がイザヤになったかのように、それぞれの登場人物と、彼らを取り囲む環境に心を奪われました。この本は、解決したい胸の痛みや、感情や、信条や、真実に関する内省的な質問を抱いている人々にとっては、様々な面で共感できる物語だと思います。」—B.S.アマゾン「刺激を求めていますか?  そんな人のための本です。よく読み、吸収してください。」   —G. H.アマゾン「私はこの『ゆっくり淹れたお茶』の最初の章を読んで、心を掴まれました。それから、ずっとイザヤの側で、彼と共に旅をしているような気分でした。どうか、この本を読んでください。そして、読み終わったら、他の人にもお勧めしてください。私もそうするつもりです。」—K.M. アマゾン「この本は、贖いと、冒険と、愛の感動の物語です。私は涙無くしては読めませんでした。」—A.M.アマゾン「私をこの素晴らしい冒険に連れて行ってくれた、この本に感謝します。」—L.アマゾン、 ドイツ「素晴らしい!私はこの素敵な作品に恋をしました。絶対に買うべきです。」—L.グッドリーダーズ「私は感動で泣きました。私も非常にシャイで、女性になんと声をかけるべきか全くわかりません。そして、愛されたいのに、どうしてか、相手を遠ざけてしまうような発言や行動をしてしまうので、イザヤに自分を重ねました。手を止めることが出来ず、2日で読んでしまいました。」—J.K. グッドリーダーズ「5つ星じゃ足りません。どれだけ勧めても勧め足りないくらいです。初めての小説ということですが、作者の作家としての才能が見られます。とても稀に見る素質です。『ゆっくり淹れたお茶』は、読者をもっと欲しいという気持ちにしてくれます。この本がどれほどこの世界に必要か、それを正しく表す言葉が見つかりません。」—D.Dネットギャリー「とても深く、洞察に満ちた物語です。先の展開への不安と期待で、ページをめくる手が止まりません。この本は、霊的な旅と、愛の物語がとても美しく縫い合わさっていて、内省的な読者にとっては、まさに夢のような作品です。そして、この本は、私たちに愛し愛されることとは、どういうことなのかを考えさせる作品です。」—N.H.ベタリーダー「この小説は、まさに液体の知恵だ。ゆっくりすすって味わってください」—B.S. ベタリーダー「素晴らしい物語です。この本は多くの人の目を開かせ、私たちに全く新しい世界を見せてくれます。」 —F.F. ベタリーダー